初齢パパのオオクワ飼育記

たけくわのブログです

2014年ライン紹介

 
世間は大型連休で活気付いていますね!
私の気持ちも活気付いております(爆)


さて2014年度のブリードですが、能勢YGのみです。自分が納得のいく大型個体を羽化させたいですね!

ではライン紹介します。


♂親A‥79.1ミリ(Dorcus Tiga様2012年5番)
A1ライン‥♀親49.2ミリ(GrowMayThis様2012能勢1番)
A2ライン‥♀親50.4ミリ(anchorageak様2012825522A1929)


♂親B‥81.6ミリ(anchorageak様201282549021)
B3ライン‥♀親51.8ミリ(ワイドカウ様 12YGC430)
B4ライン‥♀親55.7ミリ(ともさん2012年B団様×yasukong様ギネスコラボ)


♂親C‥82.1ミリ(ともさん2012年B団様×yasukong様ギネスコラボ)
C5ライン‥♀親51.6ミリ(GrowMayThis様2012年能勢12番コラボB番)
C6ライン‥♀親51.5ミリ(anchorageak様201282549012)



以上の組み合わせになりました。
ちなみに♂個体はアルファベットのA~C、♀個体には数字の1~6を付けてライン管理をします。


Aラインは全てタケセイヨウさんから譲って頂いた個体になります。
♂は大アゴが直線的ですから、その形状を子供達も受け継いでくれると良いのですが(^^)


Bラインの♂は言わずと知れたanchorageakさんの優良還元率ラインの個体で、同腹で86.6ミリというビッグサイズが出ております(^^)


Cラインの♂はつい先日もご紹介した、B団ともさんからの補強個体で同腹最大は85.1ミリ。羽パカですが、大変元気にゼリーを食べてます(^^)


♀親達の紹介は省きますね(笑)


B4ラインとC6ラインは同腹兄弟の♂♀を取り替えてのペアになりますが、55.7が産まないと怖いので、保険の意味も込めて同じ血のラインを作りました。
825490のインラインで還元率の検証もしたかったのですが、それはタケセイヨウさんとトシクワさんにお任せします(笑)


ペアリングは5日間の同居で既に完了しています。そして、全然やるつもりなかったんですがお試し産卵もさせてしまいました(爆)

方法はセパレートケースミニに小さくカットしたカワラ材で、3日間のセットです。

そして結果ですが‥

A1‥3個
A2‥1個
B3‥9個(驚)
B4‥1個
C5‥2個
C6‥2個

となりました。




とりあえず全てのラインで卵を回収出来ました♪
あとは孵化するかどうかですね(祈)
未回収の卵が材に残っているかも知れないので、少ないラインはちょっと増えてくれると良いかな♪


ちなみにお試し産卵と本産卵では約1ヶ月ほど時間差が生じてしまいますから、お試し幼虫の1本目は1400に投入して4ヶ月引っ張ります。
そして2本目投入時には本産卵組と合わせようと画策しています(笑)

さて上手くいくか?



本産卵セットは5月の連休中に組みます。
たくさん産んでくれると良いな~♪
 
スポンサーサイト
  1. 2014/04/27(日) 18:49:40|
  2. オオクワガタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

マジデスカ‥(-_-;)

 
桜が咲き心踊るこの時期に悲しい事が起きてしまいました。

自ブリYGラインの能勢5番で、3本目交換時に唯一35gの大台を突破していた幼虫が前蛹になったのは確認していたのですが、「そろそろ蛹化したかな?」と様子を見てみると‥




分かり難いですが、前蛹状態で黒っぽくなってます(泣)

加温後も順調に蛹室作ってたみたいなんですけど何故でしょう(T_T)

やはり体重が載るとそれだけ羽化まで難しいという事なんでしょうか‥菌糸の劣化も見当たらないですし、特に飼育上のミスでは無さそうですが非常に残念です。

★った子の分まで他の個体には頑張ってもらいたいです。


さて話題が変わりまして先日、自分がよく行く釣り場で面白い樹を見付けました!

コレ↓




立派なクヌギです!しかもかなり変形していて大きな洞まで在ります。

裏から↓




逆光で暗いです。

ここは河川の中洲になるんですが、画像に流木が写っていている通り、時々増水して水没気味になる様です。

でも長年この場所にあるんですからクヌギって強いですね!


洞の中をよ~く覗きましたが、当然と言うかオオクワが居る様な感じは無かったです(^_^;)
釣りに来てあの人は何やってんだ?と周りのアングラーは不思議に思ったでしょうね(笑)

ちなみにこの河川はスモールマウスの地として有名で、県外からの遠征組もよく訪れてます。



さて、また話題がブリードになりますが、GrowMayThisさんからの里子幼虫も自ブリ幼虫から遅れること約2ヶ月、加温を始めています。

出来ればもう少し低温期間を与えてやりたかったのですが、4月に入ったらブリードルームの温度も日中は20℃を超えてしまい、低温度帯を作れなくなってしまいました。

まだ蛹室作成や暴れも見当たらないですが、期待と不安が交錯しますね。

4本目投入も考えていたのですが、菌糸の状態も良いのでこのまま行こうと思います(^O^)
予備ボトルも用意してありますので準備万端です!


羽化は6月末頃でしょうかね?
ここまで来たらあとは運でしょう(笑)



次回は2014年度の組み合わせ記事をアップしたいと思います!





‥あ、私2回目のインフルにはなりませんでした
(笑)



 
  1. 2014/04/18(金) 15:03:39|
  2. オオクワガタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

補強しました♪

 
2014年度のブリード種親の最終補強をしました(^^)


早速ですが、まずはギネスホルダーのワイドカウさんブリードの♀個体から‥








良い感じの爆産サイズじゃないでしょうか(^^)
極端な大型個体が羽化してるラインじゃないですが、ブリードしてみないと判りませんからね!
この個体は同腹の羽化実績ではなく、自分の直感で我が家のブリードに迎えてみました(爆)
と言っても871系ですから十分過ぎるほど楽しみです♪



そして次の補強はこちらのペア‥





" align=


こちらはB団ともさんからのペアです!
同腹では、左右の顎で長さ違いですが、ガッタさんの所で長い方の顎で865という特大サイズが羽化してます♪

♂は羽パカなんですが、物凄く凶暴です(爆)
威嚇しまくりで手の平に乗せるのをかなり躊躇しました(-_-;)
ペアリングは顎縛り必須です(汗)

そして♀個体ですが、とにかくデカイです!
この大きさの♀は初めて手にしましたが凄い迫力と存在感です(^_^;)
巨大な♀は産み難いと言いますが、やはり夢があると思います!
現ギネスも56の♀から産まれてますしね♪


と、こんな感じで2014年度の種親は揃いました(^^)
組み合わせはギリギリまで悩みそうです。まあ、もう時間もあまり無いんですが(笑)


そしてクワネタではなくインフルネタなんですが、長女がB型にかかってます(爆)
私は前回A型ですからB型の免疫はありません!

さあ、桜が咲く季節に私は今年2回目のエンザになってしまうのでしょうか‥


つづく

 
  1. 2014/04/05(土) 20:54:35|
  2. オオクワガタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16