初齢パパのオオクワ飼育記

たけくわのブログです

2016年ブリードライン


今年は台風が来ないですねぇ、もちろん来なくて良いのですが W
雨はしとしとが好き、風はそよそよが好き。
ワガママなもんです。
ま、そんな事はどうでも良くて、本題の2016年ブリードラインの紹介です。


1番 87.0㎜(YG14B3)×55.5㎜(YG14B3) 18頭
2番 87.0㎜(YG14B3)×53.5㎜(1502早期) 21頭
3番 85.7㎜(YG14B3)×54.5㎜(YG14B3) 21頭
4番 85.7㎜(YG14B3)×52.0㎜(1502早期) 32頭
5番 85.7㎜(YG14B3)×53.5㎜(ガッタ氏14年G-2-D) 10頭
6番 86.0㎜(Gull氏1409)×58.0㎜(とも氏2014ブリードライン852×520) 6頭

以上、計108頭です。結局のところ100頭超えちゃいましたが、15年度よりは少ないので良しとします。


種親の簡単な説明をしておきますと87.0㎜と85.7㎜は14年度のB3ラインで、組み合わせは以下の通りです。
♂親81.6㎜(anchorageak氏2012825490)×♀親51.8㎜(ワイドカウ氏12YGC4)
このラインは35gを超える幼虫が多く出たにもかかわらず冬温度の失敗から殆どをセミ化させてしまったという経緯があります。「たられば」の話をしてもしょうがないんですが私の中では「たらればライン」ですね(笑)
で、その♂と同腹♀をペアリングさせたのが1番と3番で同配合のインラインです。

2番と4番も同配合・・。この2ラインの♀親の組み合わせは♂親84.0㎜(Gull氏1309)×♀親53.5㎜(Gull氏1304)ですが、同腹に87B、865、2頭の85upが出てるので期待してます!

5番の♀は以前かっつさんプレで、ガッタさんから戴いた幼虫を我が家で羽化させた個体です。この個体は同腹情報が判らないんで、ある意味冒険です(笑)

そしてラストですが、オク見て思わず補強してしまいました。♂親86.0㎜の同腹は完品88.4㎜を筆頭に85台5頭、86台3頭、87台1頭、そして完品ではないものの89.9㎜という個体も出てる素晴らしいライン。最少でも84台、アベレージは驚愕の86up!(間違ってない筈・・)
そして♀親58.0㎜も同腹で88.3、87.2、85up7頭という、驚異の成績!凄いですな(汗)
証明書はこちらです↓


お譲り頂いたのは「オオクワガタが如く」の龍さんです。立派な証明書の他にも♂親86.0㎜の管理カードコピーと、♀親58.0㎜の両親(マサレッド氏11-NO2×13-NO14)の管理カードコピーも戴いてます。13-NO14はGull氏よりの里子で1304と同腹兄弟なので、戴いた6頭の幼虫は我が家の16年2番と4番とは1/4の血の繋がりがあります。
ともかく凄過ぎる配合なので、良い結果を出したいです!


さて、こんな感じで今期もスタートしましたが、一発と言わず二発三発と特大個体を出せるように頑張っていきたいです。やはり自分が納得する個体を出してブリードを締めれる様に・・
そして、実は870は他2頭の♀とペアリングさせたのですが卵採れずでした。まあ、採れたら大変な数で里親探し必須でしたけどね。結果オーライってやつです。なので、今期我が家で採れた幼虫は外に出してません。



スポンサーサイト
  1. 2016/07/18(月) 07:21:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6