初齢パパのオオクワ飼育記

たけくわのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16年度ブリード終了

毎度の事ながら大変ご無沙汰な更新になりました。

まずは福岡の大雨被害に伴い、朝倉市在住のクワ友さんにメールしましたがまだ返信がありません。大丈夫でしょうか・・心配です。
ご無事でいてくれることをお祈りします。


さて16年度ブリードですが、1発が無いどころか大きな幼虫は羽パカのオンパレードになってしまいました。原因は間違い無く菌糸の劣化だと確信しています。
比較的良い状態のボトルからは体重なりの羽化サイズで出て来ましたがそれはごく少数です。
届いた時から若干茶色っぽくなっていた気がしたのですが、菌糸が回りきって間も無いとの事だったので、あまり気にする事なく使用しました。
2頭の40up幼虫も見事にパカってしまいました。どちらも88超えてますが、大きく上翅が開き、さすがに使用するのは難しいレベルです。

では唯一アップ出来る個体をどうぞ。




全て4番ラインからです。他ラインは84すら出ない始末。今期の3本目はちょっと考えなくてはなりませんね。
まあ、もう過ぎた事なのでクヨクヨせず気持ち切り替えてやります。

で、今年なんですがブリード数が50に届いてません。昨年の羽化時期に家庭の事情が色々とありまして、17年ブリードは断念か?と思っていた所、数を減らしてなんとか可能という事になりオス1頭を補強。メスは15年度個体と16年度の早期個体の2頭。他1頭もセット組みましたが幼虫が採れず、結局17年ブリードは2ラインという事になった次第です。

詳細は近いウチにアップしますね・・・多分。




スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 21:53:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。